MENU

Stable-Diffusionが描いた1026の顔:あなたのためのAI美少女アイコン

Anime-style-girl-with-long-hair-and-glasses-holding-a-board
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

アイコンはすべて商用利用可能です。
ユニークな用途に合わせて、ご自由にカスタマイズをお楽しみください!

今回のイラストが可愛く仕上がったのは、すべてこちらの方が開発されたローラのおかげです。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。ありがとうございます!

目次

編集後記: kojirom とリイザ(chatGPT-4)の会話

kojirom:「リイザ、突然だけれど、スティーヴ・ジョブズの伝説のスピーチを、演歌の歌詞ふうにしてよ」

リイザ:

この世の頂に立つ場に今日は
光栄に思い足を踏み入れる
学の道、歩みし日はなくとも
人生この日ほど学びに近づく

ただ三つ、お話をさせておくれ
経験の粒、煌めく思い出
華やかな舞台に立つ今日まで
たいしたことなど、ないと笑いながら

kojirom:「次は、松本隆さんふうにお願いします」

リイザ:

風のように流れる時の中で
大学の門を抜け出したのは半年後
だけどね、捨てられない夢があって
退学しても、まだ1年半も居座ったのさ

なぜかって、心に秘めた理由があるんだ
未来の母は、未婚の学生で
出逢うことなく、僕を選んだ
養子になる運命、風が運んだのさ

kojirom:「関西の漫才ふうに」

A:「ほな、聞いてや。なんやって、あのスティーヴ・ジョブズってのが、ちょいと変わった家族の話しはじめたんやて」

B:「へぇ、どんな話やねん?」

A:「生まれる前に、お母さんが彼を大卒の人に託す約束してたんやって」

B:「ええ話やなぁ、でもそれで終わりか?」

A:「いやいや、そこからがドタバタ劇やねん。約束してた弁護士の夫婦が、いきなり『やっぱ女の子がええわ』ってんて」

B:「なんやて! ほんで、ジョブズ君はどうなったん?」

A:「真夜中やのに、別の家族に電話が行って『男の子、生まれはったで〜、ほんならどや?』ってな」

B:「それでどうしたん?」

A:「新しいお父さんお母さんは、二つ返事で『もちろんやで!』って答えたんやって」

B:「ほんまかいな!それ、まるで漫才みたいやな!」

Aさん:「そやろ?人生って、まさに漫才やで!」

kojirom:「次は、フランツ・カフカでお願いします」

リイザ:

宿命の糸が複雑に絡み合う中で、生みの母は重苦しい沈黙を破り、養子縁組の書類への署名を拒絶した。教育の衣を纏わぬ我が母と、学舎の門さえ叩かぬ父の元へ、私は託されることとなった。ただし、一つの約束を条件に。それは我が運命を学びの聖堂へと向かわせるという契約だった。

長い歳月が流れ、17年の砂時計を逆さにした時、私は約束された学びの場所に足を踏み入れた。だがそこは、スタンフォードと並ぶ学費の要塞であり、労働者階級の我が両親にとっては、経済的な犠牲を強いる過酷な戦場であった。そして、その半年後、私は学問の世界における価値と犠牲の天秤が、この私の中で揺れ動くのを感じ取った。それはあまりにも重く、私はその場所を去ることを選んだ。

kojirom:「林真理子さんふうに」

リイザ:

その頃の私はね、人生で何をすべきか、さっぱりピンと来なかったの。大学なんて、おじさまたちがお金を稼ぐために行くところだって思っていたわ。私がやるべきことなんて、オシャレなカフェでエスプレッソを傾けることくらいかしら。

とにかく、私はただの学生。なのに、私の両親が苦労して稼いだ大金を、何も考えずに使っている気がして…。なんて贅沢なんでしょう? もう、若い子って自分のことしか考えていないのよね。

でも私、退学することにしたの。その時は、「何とかなるわよ、きっと」と自分に言い聞かせてね。少しは心が揺れたけど、今振り返ってみれば、あれが私の人生で一番の正解だったわ。

退学してから、興味ない授業なんて受ける必要なくなって。それでね、おもしろそうな授業にこっそりと潜り込むの。まるで映画のワンシーンみたい。今の若い子にはわからないかもしれないけど、自分の道は自分で切り開くものなのよ。

kojirom:「伊集院光さんふうに」

それで、話は変わるんですけども、いいことだらけじゃなかったんですよ。部屋がなくなって、友達の床で寝たりしてました。でもって、コカ・コーラの空き瓶を返しては5セントをかき集めて、それで飯を食うわけです。ゼット世代のみんなには想像つかないでしょうけどね。

それでね、温かいメシが食いたくて、毎週クリシュナ寺院まで7マイル歩いてったんです。7マイルって、野球で言ったらほぼノーヒットノーランを投げるくらいの大変さですよ。でもって、野球好きとしてはね、それはそれで楽しかったんです。

と・い・う・こ・と・で、そのときに潜った講義で学んだことが後々すごい役に立ちました。リード大のカリグラフィーの授業はね、全米でナンバーワンって言われてたくらいなんです。一京円あったら、そりゃもう野球チーム買えちゃうくらいの価値があったんですよ。

ってプロデューサーの池田が言ってましたよ。いやいや、冗談はさておき、本当にその授業は素晴らしくてね。後の人生で、その時に学んだことが、まさにホームラン級に役立ったわけです。

kojirom:「最後は、五、七、五で決めてください」

リイザ:

美文字へと 心惹かれて 芸の道

FANZA広告

よけいなアイコンを取り払い、限界ギリギリの薄消しモザイクをほどこしたバージョンがこちらです。

1冊100ページ以上のボリュームで、たったの110円!(画像をクリックするとFANZAのサイトにジャンプします)














目次