MENU

Stable Diffusionの最新モデル「Rekishi」をレビュー

青空の下、金髪碧眼の、黒いドレスを着た女性のバストショット。右に、木の看板に刻まれたロゴ。「Stable Diffusion」、「REKISHI」、「 Arthor: Kodokuna」。
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは、kojiromです。
今日は、公開されたばかりのStable Diffusionモデルの新シリーズ「Rekishi」をご紹介します。

モデルを開発したKodokuna氏は、「Gap mix」、「Coffee Donut」、「GrahamAingPikas v3」といった人気モデルの制作者としても知られています。
今回の新作も多くの人々が喜ぶことでしょう。

「Rekishi」シリーズは「ArgoB」と「Buzan」の2種類が公開されています。
私の印象では、「Buzan」はより強烈で、ダイナミックな描写を特徴としています。
一方で、「ArgoB」もNSFW(成人向け)な画像生成では引けを取りません。

実際、以下に示す7枚のイラストのうち、5枚は「ArgoB」によって生成されたものです。

「Buzan」が生成したイラストは、最初と最後の2枚です。

それでは、二つのモデルの違いを楽しむとともに、ゆっくりとイラストをご覧ください!

すべてのイラストは商用利用可能です

  • 一部のイラストは、手や指など細かい部分が未完成の場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • これらの画像は、必要に応じてトリミングや加工を自由に施してください。
  • このサイトで提供されているイラストは商用利用可能です。

FANZA広告

よけいなアイコンを取り払い、限界ギリギリの薄消しモザイクをほどこしたバージョンがこちらです。

1冊100ページ以上のボリュームで、たったの110円!(画像をクリックするとFANZAのサイトにジャンプします)














目次