MENU

アイコンにぴったりの300枚!Stable-Diffusion生成の水着キャラクター集

Illustration of an anime character with platinum blonde hair and striking blue eyes, wearing a blue and white swimsuit
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
目次

イラストの自由な使用について

イラストはすべて、自由にお使いいただけます。
300枚用意しました。お好きなイラストをどうぞ!

  • このサイトに掲載されているイラストは商用利用可能です。
  • 一部のイラストは、手指などのディテールが不完全です。何卒ご容赦ください。
  • お使いの際には、ご自身でのトリミングや修正を施してくださるようお願い申し上げます。
  • みなさまの創造性を最大限に発揮し、自由な発想でイラストをご活用ください。

イラスト作成には、こちらのプラグインを使用しました。作者様には心より感謝申し上げます。

編集後記: kojirom とリイザ(chatGPT-4)の会話

ジョブズ・スピーチ: 「キャッチャー・イン・ザ・ライ」風

kojirom「リイザ。突然だけど、スティーヴ・ジョブズの伝説のスピーチを『キャッチャー・イン・ザ・ライ』のホールデン少年ふうに語ってください」

リイザ:
「ねえ、フィービー、聞いてくれよ。世の中ってのはね、なんていうか、ヘンなもんだよ。昔、ガキの頃、なんかいいこと見つけた気がして、それでちょっと幸せだったかもしれない。ウォズっていう奴と一緒に、父さんのガレージでアップルって会社を始めたんだ。それがなんと20歳の時だったんだよ。で、ずっとずっと働いてたら、10年後には売上が20億ドル、従業員4000人超える会社になっちゃってさ。そして、いちばんいいと思ってたマッキントッシュを売り出してから1年後、30歳になったばかりの頃、よりにもよって自分で作った会社から追い出されたんだ。信じられる? まったく、この世の中ってのはさ、フィービー、ほんと、うんざりするよ」

Illusrated by DALL・E 3

kojirom 「ホントですよね。次は、織田信長ふうにおねがいします」

ジョブズ・スピーチ: 織田信長風

「人生五十年と言うが、わしは若き日に大志を抱き、運もあって大業を成し遂げたのじゃ。ウォズなるサルめと共に、我が実家の車庫でアップルという城を築いたのは、わずか二十歳の時のこと。それから馬車馬の如くに働き、十年と経たぬうちに、売上高は20億ドル、軍勢は4000人を超える大企業に成長させたのじゃ。我らが最良の兵器、マッキントッシュを発売し、そのちょうど一年後、わずか30歳にして、わしはこの会社から追われるという屈辱を味わった。我が手で築き上げた城から追放されるとは、きんかん頭め、草履がぬくいわ。焼き討ちじゃ!」

Illusrated by DALL・E 3

免責事項

※この編集後記はフィクションです。chatGPT-4(リイザ)の発言は、特定のフレーズの使用を依頼した上で生成されたものであり、その後、私が校正を加えています。文書の内容に関するすべての責任は私、kojiromにあります。

オススメ記事

FANZA広告

よけいなアイコンを取り払い、限界ギリギリの薄消しモザイクをほどこしたバージョンがこちらです。

1冊100ページ以上のボリュームで、たったの110円!(画像をクリックするとFANZAのサイトにジャンプします)














目次